2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の投稿

伊勢そば「半板+かき揚げ」東根市

伊勢そば「半板+かき揚げ」東根市
店舗を新しくしたことで、これまで以上にお客さんが集まっている『伊勢そば』です。

ワタシ的表現で言えば、「やり過ぎた蕎麦!&やり過ぎたかき揚げ!」が、伊勢そばの人気なんですね。

太くて堅い蕎麦(十割)に、ガッチガチに揚げたかき揚げなんです。

それが、旨い!(意見は別れますが…)です。

定番は「もり天」なんですけどね、
親しいヤツが集まったら「半板(約3人前)」がいいですよ。

決して「男!」を気取って「特盛天」には手を出しませんように…ヤバイです。

全国かぶとむし相撲大会/中山町

昨年の「かぶとむし相撲大会」では一回戦敗退という屈辱をはらすべき息子のリベンジ大会がやってきた。

この大会に向けて、強いカブトペア(イメージだけど)の生んだ卵から、幼虫になり、糞を回収し、土を変えてあげて、丁寧に育てあげてきた。

…にも関わらず、まだサナギにすら形を換えず、やもなく受付にて購入(:_;) 
残念なことに、今年はファクトリー製カブトでリベンジする事となった、息子の目標は「まず一勝!」

さすがに2年目の息子には、大勢の参加者数からくる戸惑いもなく、今年こそわといった意味のない自信すら感じ取れるようであった(たのもしーい)。

相撲は、10cmくらいの幹から、先端に細い枝が延びる土俵に、互いにセットして行司の仕切りでスタートされる。

全国かぶとむし相撲大会/中山町

いよいよ、息子のファクトリーカブトをセットして「ハッキョ〜ゥイ 残った」で始まった!
“コン コン コン …”
と土俵の幹を叩きながら幹を登らせ、土俵のてっぺんでの勝負なのだが…。

今年は、なんと登らない…。

去年は、直ぐに登りてっぺんで、Uターンして降りてしまって負けてしまったのだが、

今年は、いくら待っても、登らない…。

少しうごいたかな?
で、「終了!」

今年も、負けてしまいました…。

敗北者達には、悲しい思いだけにならないように、「かしのき土俵(敗北者同士用土俵)」でワンゲームや、また動かなかった「木登り大会」や、「綱渡りリレー」「カブクンとのじゃんけん」…と有り余る時間を楽しませて頂けるのが有り難い…。

全国かぶとむし相撲大会/中山町

リベンジに失敗した息子は「二回目(かしのき土俵)で勝てたから、いいでしょう!」だって。
ユッティーなみにポジティブなヤツ(^^ゞ

最後に、見覚えのあるお顔があった「ミニ蒸気機関車」に乗って、ご機嫌の帰宅でありました。

全国かぶとむし相撲大会/中山町

来年は、参加するのか? から検討しないとな〜ぁ、リベンジどころじゃないしね。

プッカプカ…。

朝早くから、ヨロメキさんとプッカしに行ってきました。
決して、バス釣りに行ったんじゃありません(*_*)

プッカプカ…。

一周目は、ピンで寄せて食わせる『ウォッシャー クローラー』だけでまわりました。
… しかし、残念ながらNOガボッです。

ニ周目は、隙間から奥まで滑り込ませる事ができる『カスタムフロッグ』まわりました。
…一回だけ、スーッと GOODなバスが寄ってきましたが、見切って泳いで行ってしまいました。

プッカプカ…。

僕は、まったく釣れませんでしたが、バス釣りに行った訳じゃないので、くやしくはありません。

あっ、ヨロメキさんが遠くで騒いでいましが、
魚を見ていないので、釣れていた訳じゃないと思います…。

今日は、晴天でした。

結構強気な商品です。

息子がワタシに、パッケージを剥がした状態で「飲んでみて(笑顔)」

これは、粉ジュースでも溶いたもの…。
決して旨いはずがないf^_^;

結構強気な商品です。

一口グビッ:…なんだぁ!

ニ口グビッ:マズイ+炭酸?

「なんだぁ これ?」って、コチョコチョ尋問!
するとポケットからペプシのパッケージが…。

結構強気な商品です。

マジ!
『ペプシコーラ SHISO』っ…。

いったい今年の夏は、どこに向かっているんだ?

ナベCUP/前川ダム

朝からのあいにくのrainにも負けず、集まったアラ4な面々は、どの顔も数年前まで、東北のJBトーナメントシーンをにぎあわせていた面々である。

そんな彼等の釣り倶楽部が、主催する「バス釣り大会」に、今日は参加させて頂きました。

ナベCUP/前川ダム

結果は、ティープにタッチするスロープで、イイ魚を捕らえた

HELLY ○沢さんがshine優勝shine

ワタシもチョイ沖のエッジから、アリーサマーの回復バスを釣ることができ、皆さんと楽しく釣る事ができました。

みんなで、YYと楽しく過ごす時間って、今までやってきたトーナメントのような、気持ち的にキビシーイんじゃない、こうゆうのって なかなかイイッスヨネ助。

ナベCUP/前川ダム

ゆかいなローカルフレンズ(先輩方)!であります。
ナベ倶楽部の皆さんお疲れ様でしたm(__)m

サクランボ最盛期


この辺りは、サクランボのメッカ。
手が余っていたら…サクランボ摘み取りの手伝いは当たり前!
親戚なら無条件ですなぁ。
サクランボ最盛期

その分木の上では、真っ赤なトコ食い放題なんですけどね(^O^)/ …って程、意外に目の前にすると食べなくともいいもんなんですよね(贅沢)

田舎じゃぁ そんな、義務的な作業が続いているんですね。
サクランボ最盛期

そんなしんどい中、木の上に「鳥の巣」を発見! そして、タマゴが4つ入ってました(意味なくテンションUP)。

しばらく距離を置いて観察(サボり中)しているとクチバシの黄色鳥がタマゴを温めはじめた。

「ムクドリ?」

鳴き声のうるさい鳥だが、こういう見方をすると、かわいいもんだ。

案外、オレ観察が好きみたいです。
スミマセン、摘み取り作業になりませんでしたf^_^;

うんまいの〜ぅ気仙沼大島




まず「ごまクリームサンド」

うんまいの〜ぅ気仙沼大島

…胡麻味のクリームを、はさんだコッペパンなんだけど、懐かしいような美味しさ。

姉妹品の「クリームサンド」もうんまかったけど、胡麻が上だなぁ!

うんまいの〜ぅ気仙沼大島

フェリー港のトコにある『コンビニ?』さん(ちんぽこたぬき達が目印)で販売してました。

昼下がりの雷雨で、駆け込んだ食堂では、うんまいの〜ぅ気仙沼大島

ヌルヌルめこんぶがイイ感じの「磯らーめん」を食いながら、ゆっくり情報交換できました。

ほんで宿泊先は『幸坂荘』っていう民宿なんだけど、
夜の御膳に、なんと舟盛(鯛、ソイ、鮑、帆立、鱸、…いっぱい)付き、うんまいの〜ぅ気仙沼大島

合わせてウニ皿もプラスされてスゲー量で、メチャうんまいのぅよ!

初めの一時間テンション上がりぱなし → 腹一杯(スゲー盛りに負けました)で完食出来ませんでした。
ゴメンナサイ。

また来ます。
POC以外でも(^O^)

POC①気仙沼大島大会

前日の雷雲も去り、穏やかな海模様で今年のPOC気仙沼大島大会もスタートされた。

我々が始め向かったのは、「小田の浜」に、点在する小磯なエリア、それぞれ散らばって釣りをスタートさせた。

POC①気仙沼大島大会

コンブ等にからめながら、9gテキサスに、アンバランスっぽいバグアンツ2インチを、RBT610HCで”スーットン”を繰り返す。

しばらくして ”コッ コッ コツ“ バイトだ!

ふけ糸を取り、”グッイラ!“と合わせた。

しかし、一匹目は、秤を当てての24cmのノンキーパー(;_;)

POC①気仙沼大島大会

二匹目に足元で食いにきたオチビちゃん
そして、周りも釣れだした様子…地合いかも?

そこで、釣れたのが待望の30cmのキープサイズのアイナメさんであるが、次が続かない。

釣りを変え、磯先に上りラフサーフ88にPE0.6号に12lbリーダー10gテキサスに、頼みのバグアンツ2インチでロングキャストなスタイルに転向した。

潮が止まって、”ツン!“と、久しぶりのバイトが…。
反射的にロッドにテンションを与えると、魚の反応が残り…イイ重さを感じる魚が乗った!

水草に絡みながら、多少強引に、ビビりながらも、引き寄せ二匹目のキーパーは35cmのナイスアイナメゲット。

最後の悪あがき、リミットメイクまで必死に、漁港まで回ったにもかかわらず、結局二本だけで帰着。

ヤバ〜ィ

幸い、ポイント圏内に滑り込み「ホッ」と一息。

優勝者は…「…、ビッグサイズは、7本くらい釣りました。…。」
居るんだよね、居るトコには!
って事は、いないトコで釣ったオレ達だって、凄いんじゃん!(涙)

POC①気仙沼大島大会

ヤッパ、入賞するのって頑張った結果だからね。
スゲーなぁo(^-^)o

POC気仙沼大島プラクティス

明日のPOC気仙沼大島大会を前に、プラクティスとは行かないものの下見程度な気持ちで、大島に向かいました(あわよくば本気ネタがあれば…)。

軽くフェリー港周辺をまわり、次に外浜の港でメバルさん御一行に遭遇!

POC気仙沼大島プラクティス

堤防ジグ・シラスヘッドにグラスミノーSSなんかにバクバクなんですよ(^O^)/
それでも、SAVE THE FISH!やさしくリリースしちゃいました。

その後“ピカァ ゴロゴローロ”で、本日ストップフッシング、明日は晴れたらいいのになぁ。

バチヌケ

すくい捕るようなバイトに合わせ! 掛けて、浮き上がる魚の口から、エコギア3寸のような物体がこぼれ落ちていた。

大潮明けの松島湾の沖のハンプでは、バチヌケが行われ、そのためか?
魚の活性が高く、軽目のテキサスリグでグラMを流すこと(魚がウキウキなんですね)で、クィーンっと、ライトロッドが弧を描くシーンに、歓声を上げていた。

アイナメ30〜45cm、ベッコウゾイ40UPと、良型ばかりの好調が、しまばし続いていた。

一方、クローでボトムを、しっかり捕るような釣りでは、たまのバイトにも、小振りのアイナメしか反応してくれず、アタフタなワタシでしたが、気持ちいい海に癒された松島でした。

みずさわ屋「中華そば」仙台市

みずさわ屋「中華そば」仙台市
釣りの帰りしなは、ここ!
山形にはない細いストレート麺に、風味のある薄口スープが、オイシイっす!

ちっと怖面な親方と、ピリッとした空気感に、スタッフに職人を感じるラーメン屋さんですね。

かまた食堂「中華」米沢市

かまた食堂「中華」米沢市
「ベーシクな一杯」って感じで f^_^; オイシイ一杯でした。
コブだしが、どことなく効いてて、メタボ気にしながらも、スープがぶ飲みでした。

そんでもって、チャーシューが◎、スープのラストに二枚目チャーシューを食べちゃいました。
好きなモノを、ラストにするのは、息子も同じです。

かまた食堂「中華」米沢市

PS.お店の壁に、あの有名人が! オレも応援してますから…。

隆月「ワンタンメン」酒田市

隆月「ワンタンメン」酒田市
やっと食べれた!『隆月』のワンタンメン。

かなり好きなお店なんだけど、相性が良くないのかなぁ…行けば休みの時が多かったりしてね。

んでも、ヤッパ旨いね〜ぇ。
麺は酒田にしては細いのよぅ、魚系の旨さが感じる濁ったスープに、薄いワンタンが味染みて最高〜ぅ。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

twitter

  • TwitterPowered by 119